logo
Home

ガンダム オリジン 映画 評価

田中真弓, 潘めぐみ, 浦山迅, 銀河万丈, 安彦良和 最新アニメから懐かしの名作アニメDVD・Blu-rayをアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。. 現在でも富野氏に取って「良いも悪いも思いいれのある作品」ということで、ガンダムファンの大半は機動戦士Ζガンダムに思い入れがあり、これが災いして「新訳版」として作成された、機動戦士Ζガンダム 星を継ぐ者が酷評になるのも、いろいろと違和感があるため、 当時、機動戦士Ζガンダムでファンになった人ほど「何じゃこれ?」となってしまう。 この作品を見る価値無しまで言っているファンほど以下の点に違和感を感じたからだと 同じガンダムファンである筆者もそう思えてしまうので、この点は否ない結果である。 ※内容を知らない方は若干、ネタバレとなるのでご注意。 ひとつ目は全50話のうち第1話の「黒いガンダム」から第14話の「アムロ再び」までの部分をたった90分に編集していることから、3倍速くらいの速さで見ているため初めて見る人はもちろん、内容を知っているファンにも理解しづらい。 これもまた時間内に収めるということや、なるべく暴力的な表現を避けたいために、主人公 カミーユ・ビダンがティターンズのジェリド・メサ中尉に「女の名前なのに男か?」というところから、暴力を振るい、そこから憲兵に連れて行かれ、流れでエゥーゴに入った。 そういった経歴が一切カットされ、大人に対する反抗的な態度が温厚な少年として修正されることで、この先の悲惨な部分が変更されていることや、カミーユの態度のせいで、シビアで冷たい!というイメージが強かったクルーが、新訳版では行動を見守っていこうという、 全く違う雰囲気から往年のファンほど妙な違和感を感じてしまうのだろうと思える。 その他、反地球連邦軍組織エゥーゴの地球活動を助ける「カラバ」のハヤトやベルトーチカ ガンダム オリジン 映画 評価 を含めたスタッフ一同がすでに知っていて円滑に進むなど、TV版を見ているほど、首を 傾げたくなるくらいスムーズにいくので、もはや別物では?と思えてくる点は仕方がない。 むしろこれだけの膨大な量を90分で編集した富野氏の技量は凄いの一言なので、寛大な目線で見てもいいと思えるのですが、それを差し引いても、この作品には最大の欠点が生じているために、第2作、第3作と続いていくに連れ、入場数が激減したのだと思えてくる。 それが「エイジング」という作画方法を意識しすぎて使用したことである。 「新訳版」なら全て新作カットで映像を作成すれば良かったと思え、富野氏の思考では全部新作にする. 映画『機動戦士ガンダムf91 完全版』を観た人の感想、評価、口コミ ※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆ ガンダム オリジン 映画 評価 下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!! ガンダム オリジン 映画 評価 『機動戦士ガンダムf91 完全版』4dx版見てきました。 映画でのf91がかっこよかった. .

最高速度が下位コスト並に低い。 ガンダムthe originの総合評価. . 『機動戦士ガンダムナラティブ』は、UC next 0100プロジェクトの第一弾として既にOVAで発表されているガンダムユニコーンから1年後の世界のお話です。 つまりはユニコーンの続きがどうなったのか知りたくてたまらない ファンやガノタ(ガンオタ)に優先的な内容です。 初めてみて楽しめるかというと色々わからないことが多すぎて面倒なので下準備が必要かと思います。. 1stのシリアス路線から一転して2ndはファンタジーな展開に 4.

今では多く作品のあるガンダムシリーズの中でも「機動戦士ガンダムZZ」はファンの中で評価が低く、モビルスーツのガンダムZZ、主役のジュドーと共にそろって不人気となっています。 そこで今回「機動戦士ガンダムZZ」をHuluで全話見終わったので、なぜ、評価が低いのかを考察してみました!. ガンダム大投票モビルスーツ部門:17位 パイロット:刹那・F・セイエイ 最強武器であるライザーソードのインパクトは忘れられないです。(30代男性) 量子化して瞬間移動したり、高濃度GN粒子で戦場にいる人々の意識をつなげたりと覚醒した刹那の力と相まって最強ではなく無限の可能性を示した機体です。(40代男性) ダブルオーガンダムにオーライザーがドッキングした形態。 ツインドライヴシステムの安定稼働が可能となった。 通常時でも他の太陽炉搭載機を圧倒する性能を発揮するが、トランザム起動により更なる武装や機能が解放される。. スピード感のある戦闘シーンの迫力がすごい! 2. ∀ガンダム I 地球光 (劇場版)を見た人の感想を見ると、 など酷評の嵐!なのですが、この理由もカットしていい部分が極端に少ないためである。 ∀ガンダムの世界観は悲惨な戦争の過去を「黒歴史」として、大いなる未来に対しどう生きるか?を人間ドラマとして描いているので、カットしやすい戦闘シーンも少なく、要所だらけでストーリーも複雑なので、つじつまあわせするほと早足になってしまう。 そのため「∀ガンダムはいいというらしいので、どんなのか?腰を据えて見ようか?」 そんな感覚だと酷評な結果となるのですが、これでも従来の映画シリーズの中では、TV版を知ってそういった背景なんだ!という感覚から、賛否両論の意見が出るのだと思える。 特に酷評となるのは以下の部分であろう。(ネタバレになるのでご注意!) 人によっては何が酷評なのか?わからない点もあるかもしれませんが、キャラや人間関係の 説明が異常に少ないため、どう考えてもTV版を見たファン向けになっている。 これを富野氏の編集のうまさや∀ガンダムファン向けととらえるのか?それとも不親切で雑な作りととらえるかで、∀ガンダム I 地球光 (劇場版)が評価出来るか、どうかが決まるのでは無いでしょうか? 筆者としては菅野よう子さんが劇場版用に書き下ろした新曲が、かなりイケており 前半の見所である墓参りのシーンとマッチしていると思えるのですが・・・. トランザムの大安売り 5. シャリア・ブルのキャラクターとモビルアーマー、ブラウ・ブロはオリジンで新しく変更されて良くなったキャラクターです。 シャリア・ブルはファーストではおじさんキャラでイマイチパッとしなかったのが、オリジン18巻では少し若くなり見た目もかっこよくなっている。 同じくブラウ・ブロもファーストより線が細くなり、デザイン的にも見られた感じになっているため、とても良いですね。.

See full list on purulife. 引用元:【速報】ガンダム40周年記念に富野抜きでリメイク決定!「THE ORIGIN」映画版完結 ついにアムロが登場 1: 風吹けば名無し /04/07(土) 08:16:52. ガンプラ評価レビューWikiへようこそ! ここは 2ch模型板 のガンプラ評価スレを母体とした、ガンプラ評価レビューのまとめサイトです。 詳細は このサイトについて をご覧ください。. ガンダムオリジンの評価 【 なところ】 ファーストガンダムでおなじみのキャラが多く登場し、今後の物語の加速を図るための「種まき」がちゃんとなされています。 あとは脚本がすごくいい。. net これで映画版は完結 アムロがガンダム乗るまでは描いたことになる 安彦氏は、ファーストガンダムで描かれた一年戦争とその前日. 賛否両論の意見を筆者の視点で中立に判断した結果、このような形となったため、あなた からすれば「それは違う!」とか「そうかもしれない」という点が出てくると思います。 また分析をするほど、リメイクでも新訳版無く、第3の別物という印象が強いため、この点が受け入れられないほど厳しいのかもしれませんが、これもまた富野氏の「20年経過した地点で、機動戦士Ζガンダムを作成したらどうなるのか?」という部分。 キャッチコピーの「再会は躍動する魂。とき放て、”Ζ”!

機動戦士ガンダム the origin 誕生 赤い彗星の映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全45件。評価3. 『機動戦士ガンダム the origin』(きどうせんしガンダム ジ・オリジン)は、矢立肇・富野由悠季(原案)、安彦良和(漫画)による日本の漫画、及びova・テレビアニメ。大河原邦男がメカニックデザインクレジットされている。. 」を示すように、20年前の 自分に対しての挑戦と解釈が絡んだ結果!このようなものになったのだと思えてくる。 この理由も富野氏は機動戦士Ζガンダム星を継ぐ者を製作する前に、20年前に演じた声優が本当に最適なのか?そこまで考えていたらしく、カミーユ役の飛田展男さんにオーディションと当日の変更もありうるという点から、当時のイメージとの葛藤があったのだろう。 そもそも機動戦士Ζガンダムは機動戦士ガンダムであった部分の延長をアムロやシャアが傍観者としてガミーユの行動を見ながら、自分勝手な思考や怨念といった感情を持つほど、業を背負うように悲惨な運命になっていくことから、似たような光景が無駄と思えるほど多い。 これもまたスポンサーであるバンダイの陰謀で無駄に長くさせられ説明も長くなるため 「Ⅱ」か「Ⅲ」のどちらかで説明することにしますが、こういった裏事情や意味不明の 怨念返しの描写を、∀(ターンエー)ガンダム以降の作品で疑問視する部分から、 単純な戦争娯楽作品として成り立った機動戦士Ζガンダムを良しとしなかったのだろう。 まあこんなカッコいいプロモーション動画があれば勘違いしてしまいますしねえ~ そのため富野氏は「自分自身に政治力がもっとあれば」と語ると同時に、 と語っており、クワトロ大尉はどこかライトな形で自分自身を見据えるような演技。 アムロはこの地点では7年間の幽閉生活で引きこもっていたため、いじけた部分が強いが 後々、外の世界と向き合い、ブランクさを感じさせない復活劇を演じることになるので、 こういった部分をしっかりと読み取れないほどリメイクによる駄作に見えてしまう。 それを演出で感じさせるのがプロの仕事だ!と言われるとなかなか厳しく昔のΖガンダムは 本当にそれで良かったのか?という葛藤が富野氏に取って新訳版と感じているの. com/gifmagazine/status/多くの人が言っているようにオカルトです。 ほんとのところはファンタジーだなと思いました。ビジュアル的にフェネクスは綺麗で光の速さがよく表されていましたしMSの戦闘シーンは醍醐味なので満足の域に達していましたが、種類の数は少し物足りないです。 基本的にNTまでは理解できても無人のしかも今は亡き人の意思でMSが動くというのはオカルトですし、やっぱりファンタジーです(笑) ブルーデスティニーという機体にEXAMシステムというものが搭載されていましたが、ニュータイプに対抗するオールドタイプのためのシステムで反応自体は自立したものなので近いといえば近いものですが、無人ではないためとても対抗できるしろものではありません。 ファン向け映画のなにものでもありませんし、SFは軽く通り越しオカルトはここまででなくても今までちょくちょく目についていたのでこの際目をつぶるとしてキャラの魅力が表現しきれないのが残念でたまりません。 リタの顔が途中まで見えない意味。 最初から最後までゾルタンがフルフロンタルになりきれない無念さだけで狂いきる。 この2点があいまいなまま(尺が短いからですが)なので主人公ヨナの成長が早すぎる感が抜けきらず、せっかくでてきたバナージは人の可能性を信じるところでいい感じにユニコーンで終わっているのにミネバ様の成長がやっぱり早すぎてやたらと訳知り顔なのが鼻につく感じがしてしまうあり様になっています。 バンシイを初めて見たとき黒い機体から「怖さ」を感じましたが、フェネクスは綺麗で原題に「狩り」がついていることから追われるシーンでは逃げてほしい!と強く思いましたし、逃げざまがすごいし感動的でありました。 サイコフレームってすごい!! なのに無人だなんて!! 過去にあるにはありましたがとにかく残念です。 戦う事が前提なので人が消えるのは仕方が無いのですが、ユニコーンがあまり消えなかっただけに寂しい気もしました。 切ないということです。. キャラクターの心情変化も他のガンダム作品にないぐらい丁寧に描いている 3. ・サスロ・ザビ ファーストガンダムには登場しませんが、オリジンでは長男ギレンと三男ドズルの間にサスロ・ザビという次男がいました。 暗殺によって亡くなるのですが、その時にドズルも顔に大きな傷を負ってしまう。 ファーストでは語られることはないですが、ジオンの系譜に影響していることは確かなので、オリジンでは大事なエピソードです。 ・マ・クべの最後 マ・クベは地球進攻作戦失敗後、宇宙に戻りその後ガンダムに敗れ亡くなるのですが、オリジンでは地球で亡くなっています。 16巻に収められているのですが、壺はキシリアに届けるべくザンジバルの発射を確認して敗れているので「あれは、いいものだ」のセリフもあります。 マ・クべは、いずれにしても影の薄いキャラクターなので、多少話が違っても関係ないですね。 ・スレッガーの活躍 オリジンでは地球に降りたホワイトベースの運行航路も違っているので、ジャブローでホワイトベースに配属されたスレッガーがジムに乗り活躍しています。 ファーストガンダムではコアブースターなどの戦闘機に乗り活躍していたスレッガーもオリジンではジムのパイロットとして登場。 16巻でシャアのザクに. 。 そんな終わりのない戦いの世界で、「武力による戦争の根絶」を掲げる私設武装組織が現れる。 モビルスーツ「ガンダム」を所有する彼らの名は、「ソレスタルビーイング」。 彼らはガンダムをもって、「武力による戦争の根絶」を目指す!. 映画ガンダムオリジンもいよいよ完結その最後となる「the origin vi 誕生 赤い彗星」が劇場公開されました。恒例の「劇場限定公開&web動画公開」となっています。.

ガンダムダブルオーの2ndシーズンは割りと否定的な意見が目立ちますけど、個人的には好きです。 2ndシーズンはイノベイターや人類の革新、イオリア計画と徐々にファンタジーな内容になっていくので、1stシーズンの世界の3大対立軸がメインに描かれた現代の戦争の延長線上のようなシリアスな内容を期待していると裏切られた感が強いかもしれません。 そうはいっても、演出面、シナリオ面では1stシーズン以上に力が入っていましたし、政治、戦略も多少リアルさに欠けますが、ちゃんと描いていましたし良かったと思います。 「機動戦士ガンダムダブルオー2ndシーズン」は、近未来SFガンダムとして楽しめればかなりおもしろいはずです。. ・ザクレロが飛行機になっていた ファーストと違って、オリジンではモビルアーマー、ザクレロの登場はなく、その代わりに、ザクレロのカラーリングの飛行機が登場します。 その飛行機は核爆弾を搭載し、オデッサ戦でミサイルを打ちますがガンダムにミサイルを切られ、不発に終わります。 ザクレロがオリジン登場しなかったのは非常に残念でなりません。 ・ドムが8機 ガイア、マッシュ、オルテガの3人が攻撃するジェットストリームアタックはみんな知っていると思いますが、マッシュがやられた後、ファーストガンダムでは、ガイアとオルテガがガンダムと戦います。 しかし、オリジン16巻で再びガイアとオルテガが現れたとき、ドムが8機になっています。 ファーストとオリジンを比べ一番違っているところはこのシーンだと思う。 最後はダブルジェットストリームアタックなどという攻撃を仕掛けてきます。 結果、ドムは大敗しますが、いまだになぜドムを増やしたのか謎です。. ・機動戦士Ζガンダム星を継ぐ者は何故映画上映で酷評となったのか? ・新訳版として描かれた機動戦士Ζガンダム星を継ぐ者の見どころとは? ・富野由悠季は機動戦士Ζガンダム新訳版として何がいいたかったのか?. 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星()の映画情報。評価レビュー 548件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:池田秀一 他。安彦良和のコミックを基に、安彦自身がキャラクターデザインと総監督を兼任し、「ルウム戦役」を全2話で描いたアニメーションの後編。ジオン公国軍. 先日公開になったばかりの映画『機動戦士ガンダム the origin 誕生 赤い彗星』。オリジン劇場版シリーズもいよいよ完結となりましたが、最後を飾るにふさわしい素晴らしい作品でした。.

現在でも機動戦士Ζガンダム星を継ぐ者は単なる総集編とか安い編集の焼きまわしなど 酷評のほうが多いことから良い部分が埋もれてしまっているのですが、ファンであるほど、 頭ごなしに「悪い」と決め付けるのは、底の浅い人間だ!と言っているようなもの。 また数々の偉業作品を残している富野由悠季氏が単なる総集編で終わることは無いと 思えるので、この点をしっかりと読み解かないと一体何を伝えたかったのか? わからないまま知らないうちに暴挙に乗ったものと同じ末路をたどることになってしまう。 筆者が圧倒的に凄い!と思えたのが、数々のモビルスーツ(以下、MSと呼称)の演出。 今でもそうですがバンダイのガンダムプラモデル(略してガンプラ)は一番小さいサイズである1/144でも普通に組み立てるだけで、カッコよく仕上がるため、富野氏の思考からすると、「ここまでやらないとプラモデルに負けちまうぞ!」という喝が飛ぶくらい、 リアル描写や迫力のある構図となっている分、作画が綺麗に見えないのが非常に勿体無い。 特に凄いのがカミーユが搭乗するガンダムMKⅡとライラ搭乗のガルバルディβとの戦いや マラサイ出撃時の重量感!これらの質感が完全新作になって細部まで表現されていること。 精密なコックピットを演出するためにコンピュータグラフィック(CG)を駆使したり 終盤に出てくる変形MSギャプランやアッシマーの空中戦は迫力物なので目が離せない! また連邦軍のブラン大尉が乗るアッシマーへアムロが飛行機で突撃して存在感をあらわに するまでの部分は完全新作であり、17分に渡って空中戦を描いており、ラストのアムロ とシャア(クワトロ)が再開するシーンは評価してもいいと思える部分である。 複雑に入り組んだ人間関係やそれぞれの立場での思考を主人公カミーユの両親が死亡する シーンや、クワトロとしてのシャアとの出会い、立場が入れ替わってのジャブロー突入への 大気圏降下作戦。1年戦争キャラとの7年後の出会い。 こういった部分を集約して、20年の歳月で新訳版として描かれているので、ファンで ある以上は酷評に流される前に、自らの目で確認したほうがいいのかもしれませんね。. 世界情勢や政治がストーリーに絡み、ぼーっと見てると理解しづらい部分がある 2. 世界各地の紛争を止めるために突如、現れた私設武装組織「ソレスタルビーイング」。 ソレスタルビーイングは所有するモビルスーツ「ガンダム」によって治安維持活動を進めていくが、監視者、アレハンドロによるガンダムトリニティの暴走行為により、世界の三大勢力と対立することになり、壊滅的な打撃を受けてしまう。 4年の歳月を経て、新たなガンダムと共に復活したソレスタルビーイング。 治安維持活動の名の元に、残虐な手段で弱者を虐げるアロウズ。 そしてその裏で暗躍するイノベイターの戦いが繰り広げられる。 戦争によって人生を歪められた者たち、たった一度の身勝手な行動が起こす悲劇、互いのすれ違いが戦いを激化させる。その先にある人類の核心とは。. ガンダムダブルオーは独立した作品ですので、これまでのガンダムを一切知らなくても楽しめるんですが、「機動戦士ガンダムダブルオー2ndシーズン」を見るときは、「機動戦士ガンダムダブルオー1stシーズン」を見てからのほうが良いと思います。 物語全般に流れるテーマや細かい設定があるので、2ndシーズンだけ見て理解するのは難しいからです。 ということで、2ndシーズンを見終わったら続編にあたる「劇場版 機動戦士ガンダムOO -A wakening ガンダム オリジン 映画 評価 of the Trailblazer-」の動画を見ることをおすすめします。 また、「機動戦士ガンダムOO」は、続編にあたる舞台が発表されて再び注目を集めています。 気になる人はこちらも要チェックやで。 ガンダムダブルオーの続編シナリオでグラハムエーカーがエクシアに搭乗? 機動戦士ガンダムダブルオーの劇場版動画を無料で視聴する方法は?パンドラでは見られない? 現在、ガンダムシリーズは動画サービスなどで簡単に視聴できるので「機動戦士ガンダムダブルオー1stシーズン」や「劇場版 機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer-」をご覧になってはいかがでしょうか?. See full list on yasu-ichi. See full list on otonanorobotto. ガンダムthe originの弱い点 / 使えない点.

今までガンダムシリーズを見てきた中で、最も疑問となる部分がシド・ミード氏が∀ガンダムのデザインをガンダムファンに酷評を受けるようなデザインにしてしまったのか? この点がファンで無くとも「何故あんなにカッコ悪いの?」気になる人もいるはず! 富野由悠季氏の思考ではこれまでのガンダムの世界観をぶち壊し、先入観のない工業的なデザイン、つまり、実際に人の生活の中で大型機械が関わる以上!その時代の文化や尊敬されるものを主体に実際に生産する上で作りやすい構造にするはず。 そういった思考で作れることを条件にしているので、当時、工業デザイン家としても実力があり、機動戦士Zガンダムでいろいろと携わっていたシド・ミード氏が適任となったことから、∀ガンダムのデザインを担当することになりました。 このような流れから「機能的なアイディアが70%にファンタジーとユーモアを30%」という独創的なデザインである∀ガンダムは実に機能的な構造となっており、上半身はがらんどうの胸を中心にブロック上に積み上げる方式と表面に装甲を貼り付ける感覚とかなり実用的。 またコックピットも目視でも周りが見通しやすいように腰部分にしてあり、いざというときに脱出出来るようふんどし型の小型戦闘機コア・ファイターに変形。その他、足全体がスラスターと呼ばれる空を飛ぶための機構となっているので機能として全て理にかなっている。 ただ腑に落ちないのが∀ガンダムの呼称である「ヒゲ」と呼ばれるアンテナの部分。 劇中でも「ヒゲが~」とか「ヒゲのモビルスーツ」などで決してガンダムとは呼ばれず、ホワイトドール像から出てきた守り神として白い色からホワイトドールとか機械人形という表現が多かったのですが、シド・ミード氏がヒゲをつけた理由もある人が主な原因。 それが「宇宙大帝ゴットシグマ」メカニックデザイン村上克司さんのアドバイスである。 シド・ミード氏は今でも世界的な工業デザイナーであるのですが、当時でも日本のロボットアニメでの経験は8つくらいのデザインをした程度と乏しく、自分のデザインは本当に受け入れられるのか?内心心配していたくらい慎重に検討したらしい。 それならば以前のガンダム作品を見ればいい!と思われがちですが、∀ガンダムが目指すテーマが「全てのものを否定して肯定する」という過去を見直し未来を生きることがテーマのため、全く違うものを制作. 映画【機動戦士ガンダムNT】のネタバレ! 3. 戦いを止めるために戦うという矛盾に満ちた主人公たちや宗教やエネルギーといったリアルな背景を持った戦争など、ガンダムらしい面白さもしっかりと備えており、ガンダムシリーズの一作としても「ガンダムOO」という一つの作品としてもよくまとまっている傑作です。 ガンダムダブルオーは独立した作品ですので、これまでのガンダムを一切知らなくても楽しめます。 ガンダムを初めて見る方にも非常にオススメです。. ガンダム オリジン 映画 評価 漫画ガンダムオリジンとアニメガンダムストーリーの内容はどのくらい違いますか?例えばアニメではこの作戦は漫画ではカットされてるとか 地球から退却しガンダムとの一騎打ちで敗れたマ・クベがオリジンでは地上に残って最後に自爆する。サスロ・ザビは事故死という設定だったが. シャアがどのように「赤い彗星」と呼ばれるまでを描いたこの作品は、ファーストガンダムでは知ることのできなかった秘話がたくさん出てきます。 ガンダム好きにはおすすめの作品です。. ガンダム オリジン(アニメ)を見る順番《ova~映画まで》 年3月29日 年5月16日 アニメ『機動戦士ガンダム ガンダム オリジン 映画 評価 THE ORIGIN』を見る時はどんな順番で見るのがいいのか?. 映画「機動戦士ガンダムNT」の総合評価、まとめは以下のようになりました。 1.

結論的にヨナが自分をオールドタイプに近い存在で世界に絶望していたところから世界を救う、人類を革新に導くのがニュータイプなのだと気付き成長する姿が感動的だったので、観にいった甲斐がありました。 キャラの魅力も見終わった今となってはあの限られた時間ではまとまっていた方だと思います。 フェネクスの乗り手リタの「生まれ変わったら鳥になりたい」というセリフに上手く応えられなかったその後のヨナの成長ぶりがとにかくよかったです。 翼を持つものには天使と悪魔、両極端の世界の狭間にいるのが不死鳥であり、バランスの危うさを表現していることからナラティブではリタとゾルタンの間にヨナがいる。 ガンダム オリジン 映画 評価 ポスター等の構図もそれを表しているのではないでしょうか。 オカルト要素満載ですが上記の点で一筋光が刺す思いで好印象です。 そしてもう一つ、フェネクスの高速の効果音、恐ろしいまでの超常力を誇るⅡネオ・ジオングの効果音がこだわっていて素晴らしいのと、なんてもの作ってるんだ!とあらためてフルフロンタルすごすぎると再認識したことを書いておきます。 フルフロンタルしか乗れないのでは?シナンジュで満足しちゃったの?という疑問は残りますが。それはまた別の機会に。. スタイリッシュでかっこいいメカデザインのダブルオーガンダムが活躍! 4. ※ここからは若干、vガンダム本編のネタバレが入った感想評価レビューとなります。 そんな経緯があったのですが、今回『ガンダム オリジン』が面白かったため、約20年越しにこのvガンダムを再び観てみました。.