logo
Home

オンカロ 映画

オンカロ施設の映画が現在無料で公開中です。 10万年前の建造物なんて 現在どこにも残っていません。 10万年間管理しなければならない放射性物質、 この施設は果たして10万年間持ちこたえる事ができるのか?. そして、この映画で紹介されるオンカロ放射能廃棄物最終処分場は、原発の最終廃棄物を現実的に解決させようとした同国のプロジェクトである。 本作品は、デンマーク人のマイケル・アドセン監督によって制作された。. 「10万年後の安全」を吉祥寺のバウスシアターで見た。 死にたくなるほど気が遠い、死にたくなるほど気の重い、「実話」。 フィンランドのオルキルトという小さな島に建設が始められた、原子力発電所の核燃料廃棄物の最終処理施設「オンカロ」 フィンランド語で「隠れた場所」という意味.

フィンランドの放射性廃棄物処理場「オンカロ」のドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』UPLINKにより吹き替え版を2月10日まで無料配信中 Janu(Fri) |. オンカロについての警告を後世に伝えることは可能なのでしょうか? 隠すことがこの計画の大前提だ、と知ったとき、映画制作を諦めることも. jp/100000// まさにパンドラの箱を埋めてる。人は愚かな.

年12月20日(火)、東京都渋谷区のアップリンクで「マイケル・マドセン監督(映画『100,000年後の安全』)インタビュー」が行われた。『100,000年後の安全』は、フィンランドの高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場(オンカロ)に関するドキュメンタリー映画で、年に製作された。 監督. See more videos for オンカロ 映画. 「オンカロ」と人類の未来 今日は有楽町で映画「100,000年後の安全」を観てきた。 内容は原発関連、これはもう土日の混雑は明らかなので、有給休暇取得の荒業を繰り出し、朝10時過ぎ一日一回のみの上映を鑑賞した。. そんな中、フィンランドのオルキルオトに最終処分場“オンカロ”が建設されようとしています。 現在、渋谷アップリンク他、全国で劇場公開中の 映画『100,000年後の安全』 はそのオンカロの建築現場とそれに関わる企業や役所の関係者へのインタビューで. クラフトワークの「レーディーオーアクティービティー」の歌声が妙に耳に残るこの映画には、目を背けたくなるような事実がいくつも出てくる。例えばこの「オンカロ」が世界で最初の最終処分場だという. 映画「レジェンダリー 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。レジェンダリー のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは ファンタジー映画 です。. また、ゲストスピーカーとして、デンマーク王立芸術学校、デンマーク映画学校、デンマークデザイン学校で講演している。 監督の言葉 10万年もの耐久性がある世界初の放射性廃棄物の最終処分場を造るオンカロ・プロジェクトは、建築学的にも哲学的にも. 深い穴 年3月8日 「深い穴」のことを、フィンランドの現地語ではオンカロと云う。 マイケル・マドセン監督の映画「100,000年後の安全」というドキュメンタリー映画を、遅ればせながらじっくりと鑑賞してみることにした。.

名前は「オンカロ」。フィンランド語で「隠し場所」という意味だ。現在は調査施設を造り、年から操業予定だ。 放射能の危険から未来の人類を守るにはどうすればいいか。映画の中で専門家らは「隠し方」を大真面目で議論する。. 100,000年後の安全の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。フィンランドに世界初の高レベル放射性廃棄物の処分場建設が決定さ. フィンランド 西スオミ州 サタクンタ県 の自治体 エウラヨキ の オルキルオト島 ( フィンランド語版 ) にある 放射性廃棄物 処理施設(オンカロ )が廃棄物で満杯になる予定の100年後までの安全性確保と、安全レベル到達に10万年を要することの危険性を後世に伝える困難を描いたドキュメンタリー映画である。. オンカロ施設の映画が現在無料で公開中です。10万年前の建造物なんて 現在どこにも残っていません。10万年間管理しなければならない放射性物質、 オンカロ 映画 この施設は果たして10万年間持ちこたえる事ができるのか ; オンカロは自然の地下要塞(ようさい)だった。. ――「オンカロ」を舞台に映画を制作した理由は。 オンカロは10万年維持されるように設計されています。人類史上、このような建造物は存在したことがありません。中世に建てられた大聖堂やピラミッドは宗教的な要素を含みます。. 映画「100,000年後の安全 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。100,000年後の安全 のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは ヒューマンドラマ です。.

ちなみに、Posiva社のセッパラ氏は、オンカロを紹介した世界的に有名な映画『100,000年後の安全』にも出演しています。 第3世代安全基準の「オルキルオト原発」. オンカロは、原発が抱える大いなる矛盾を象徴する施設だ。 「小泉さんは首相退任後、国際公共政策研究センターというシンクタンクの顧問に. 小泉元首相が本作を観て、映画の中で描かれたフィンランドの最終処理場「オンカロ」を視察で訪れ、自らの意見を”脱原発”に大きく転換する.

映画「10万年後の安全」フィンランドの「オンカロ」! 年に製作されたデンマークのドキュメンタリー映画「100,000年後の安全」が年4月に渋谷で緊急公開されたのを見た方もおられると思いますが、本来、この作品は今秋に公開する予定でした。. オンカロ施設の映画が現在無料で公開中です。10万年前の建造物なんて 現在どこにも残っていません。10万年間管理しなければならない放射性物質、 オンカロ 映画 この施設は果たして10万年間持ちこたえる事ができるのか ; オンカロは自然の地下要塞(ようさい)だった。 オンカロは現地語で「洞窟」を意味する。 空気は乾燥し、むき出しの岩が目に飛び込んでくる。 案内役の男性は「この国は炭鉱の歴史が長いの. 放射能の怖さを扱った映画のタイトルが思い出せません。 オンカロという言葉が出てきていました。回答者さんが映画のタイトルが分かりましたら、その映画を見た感想も教えてほしいです。. オンカロ 映画 フィンランドの「オンカロ」の映画も見た。プルトニウムの半減期は2万4000年っていって凄い施設作ってるんだよ。 もしそれが攻撃されてプルトニウムがもれたら人類絶滅だって暗い顔してる人もいる。 言っとくけど地球は人類のためにあるんじゃない。.

映画の白眉は、オンカロの存在を将来の人類にどう知らせるのかという場面だ。 施設への侵入を試みる人々が未来に現れると想定するなら、危険. 10万年にわたってオンカロは地下に封鎖され続ける。 映画「100,000年後の安全」は、 このオンカロのドキュメンタリー映画。 昨年各地の国際映画祭でドキュメンタリー賞を 受賞している。 この上映が日本でも先月から いくつかの映画館で始まった。.